Biography

KAZUMA      Photo: Masatoshi Yamashiro 

<Profile>
ギタリスト、コンポーザー。ミュージシャンの父親の影響で独学でギターを弾き始める。
1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。2002年1stアルバム«Organic Plastic Music»が35万枚のセールスを超え、その後も国内はもとよりアジア各国や北米での CDリリース、ライブ公演など幅広い支持を獲得。
2010年よりソロ名義でのライブ活動を開始。自身のギターを中心に据え、空間的余韻やアコースティックな響きを内包したインストゥメンタル・ミュージックを展開。

2011年1stアルバム«SUN DANCE»をリリース。岡部洋一(perc)と工藤精(cb)を迎えたトリオでのパフォーマンスが話題となる。
その後もカルロス・アギーレ(pf)やアンドレ・メマーリ(pf)等をフィーチャーした«Dialogues»、«My Native Land»、また伊藤志宏(pf)とのデュオ作品»Wavenir»を発表。心を静める音楽集「Quiet Corner」で紹介される等、ジャズやクラッシク音楽だけでなくワールドミュージックリスナーなど幅広い支持を得る。
2016年の最新作«FLOW»では林正樹(pf)と西嶋徹(cb)とのトリオを軸にシルビア・イリオンド(vo)、ジョアナ・ケイロス(cl)を迎え録音。
その他、中島ノブユキ(pf,comp)«散りゆく花»、小沼ようすけ(gt)とのデュオ作品«Naja»のプロジェクトへ参加など、これまで国内および海外まで多数のアーティストと共演し、レコーディング、ライブセッション、楽曲提供など活動の幅は多岐。

雄大な自然からの着想、自己の内面を投影した叙情的なオリジナル楽曲を中心に、その音楽性は高い評価を獲得している。