Biography

KAZUMA      Photo: Masatoshi Yamashiro 

<Profile(Short ver.)>
ミュージシャンの父の影響で幼少期よりギターを弾き始め、ジャズ、南米の音楽をはじめとする広汎なワールドミュージックに親しむ。1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。1stアルバムのセールスが35万枚を超え、その後も国内はもとよりアジア各国や北米での CDリリース、ライブ公演など幅広い支持を獲得。
2011年に初のソロ・アルバム«SUN DANCE»をリリース。岡部洋一(per)と工藤精(b)を迎えたトリオで25分超に渡って猛々しいまでの躍動感を表現した表題曲が話題となる。その後アルゼンチンからカルロス・アギーレ(p, vo)、ブラジルからヘナート・モタ&パトリシア・ロバート(vo)、北村聡(bandoneon)等を迎え、デュオ演奏を中心に収録した«Dialogues»、トリオを軸にブラジルからアンドレ・ メマーリ(p)、金 子 飛 鳥( violin)、佐 藤 芳 明 (accordion)、沢 田 穣 治(Choro Club/b)等を曲ごとに迎えたカルテット中心の«My Native Land»、ピアニスト伊藤志宏とのデュオ作«Wavenir»をリリース。
そして2016年に林正樹(p), 西嶋徹(b)とのトリオを軸に、アルゼンチンからシルビア・イリオンド(vo), ブラジルからジョアナ・ケイロス(Clarinet)を迎えた«FLOW»(SPIRAL RECORDS)をリリース。ジャズを基調に多岐にわたるフォークロリックな音楽から大地の滋養を汲んだチェンバーミュージックのあらたなかたちを展開。多様な音楽的造詣を、明敏な感覚により汲みとられた現代性とともに収斂させる陰影を含んだソングライティング、また空間的ギタープレイからオープンチューニングを使用した躍動的プレイまで、その音楽性は高い評価を獲得している。
<Profile(Long ver.)>

ギタリスト、作曲家。

1979年7月生まれ、兵庫県出身。
ミュージシャンの父親の影響で独学でギターを弾き始める。叔父の影響でジャズに傾倒。
ブラジルなど南米の音楽をはじめとする広汎なワールドミュージックに親しむ。
1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。
2002年1stアルバム『Organic Plastic Music』(BMG JAPAN)のセールスが35万枚を超え、アジア各国や北米での CDリリース、ライブ公演など幅広い支持を獲得。現在まで8枚のオリジナルアルバムをリリース。
2011 年にギタリストとしての1stソロ アルバム『SUN DANCE』(BounDEE by SSNW)を発表。
25分超に渡って猛々しいまでの躍動感を表現した表題曲や、自然からのインスピレーシ ョンをもとにした独創的なオリジナル曲で話題となる。
2012 年には 2nd ソ ロ ア ル バ ム『Dialogues』 (NRT)を発表。
アルゼンチンより カルロス・アギーレ(p, vo)、ブ ラジル・ミナスよりヘナート・モタ&パトリシア・ロバート(vo)、またバンドネオンの北村聡など迎え、よりシンプルなメロディと対話(dialogue)を重ねることで辿りついた美しき作品集。
2014年7月には3rdアルバム『My Native Land』(KING RECORDS)を発表。
岡 部 洋 一(per)、沢 田 穣 治(Choro Club/b)、工藤精 (b)とのギタートリオを軸 に 、金 子 飛 鳥( violin)、佐 藤 芳 明 (accordion)、ブラジルよりアンドレ・ メマーリ(piano)を曲ごとに迎えたカルテット編成中心の録音で、東京の新たなチェンバー・ サウンド、アンサンブルの進化系を提示。
また同年9月にはジャズ・ピアニスト伊藤志宏とのデュオ作品『Wavenir』(hummock label)を発表。
演奏家であり作曲家であるふたりが紡ぐ、繊細さを内包したスピリチュアルなシナジーを放つギター&ピアノ・デュオとして注目を集め、全国各地でのツアーを開催。
2015年には、作曲家/ピアニスト、”中島ノブユキ『散りゆく花』  (SOTTO)”のレコーディング、ライブツアーに参加。
また “藤本一馬(g) × 林正樹(p) × 橋爪亮督(sax) “のプロジェクトで “touch to silence”(SPIRAL RECORDS)や“JAZZTREFFEN”(SONGXJAZZ)等のイベントに参加。
2016年には4th Album «FLOW»(SPIRAL RECORDS)を発表。
林正樹,(p)と西嶋徹(b)とのトリオサウンドを軸に、アルゼンチンよりシルビア・イリオンド(vo.)、フラジルより,ジョアナ・ケイロス(Clarinet)を迎え録音。ジャズを基調とし南米のフォークロリックな音楽­から大地の滋養を汲み、静謐な響きのうつろい、ゆるやかなうねりを宿した演奏でチェンバーミュージックのあらたなかたちを標榜。
多様な音楽的造詣を現代性とともに収斂させる陰影を含んだソングライティングと、空間的ギタープレイからオープンチューニングを使用した躍動的プレイまで、その音楽性は高い評価を獲得しこれまで国内および海外まで多数のアーティストと共演。
ライブセッションやレコーディングへの参加、楽曲提供など、活動の幅は多岐。
日々、国境を超えた音楽をクリエイトしている。
現在ニューヨーク在住。