藤本一馬 1stアルバム『Sun Dance』

自然からインスパイアされた、独創的なオリジナル曲。
静寂から歓喜へ、躍動するピュアネス。
orange pekoeのギタリスト兼作曲家、藤本一馬の初ソロ作品。

国籍やジャンルを越え、聴く人を魅了するギタリスト兼コンポーザー、藤本一馬の初ソロ作品。
日々の生活や自然からのインスピレーションをもとにした独創的なオリジナル曲と、ジャズ~ワールドミュージック~各種インスト系音楽のエッセンスを滲ませつつ、オープンチューニング等を使用した型破りなパフォーマンスで、リリース前から話題に。
ネイティブアメリカンの儀式にインスパイアされた自然賛歌であり、25分超に渡って猛々しいまでの躍動感を表現する⑦「SUN DANCE」。一方、②「空のように」をはじめ、叙情的でメロウな感覚も同居するなど、様々な楽曲を収録した作品。ROVOをはじめ様々なバンドで活躍する岡部洋一(perc)、ジャズシーン屈指の若手プレイヤー工藤精(bass)を迎えてのトリオサウンドも強力。orange pekoeとならぶパーマネントな活動としてのソロワーク、そのスタートを切る決定的作品。

sundance-w530

1. 海への祈り
2. 空のように
3. Harmony Ball
4. 山の神様
5. やじろべえ ~a balancing toy~
6. こころの瞳
7. SUN DANCE
8. Blue Light

藤本一馬 / Kazuma Fujimoto: Acoustic Guitar
工藤精 / Show Kudo: Acoustic Bass
岡部洋一 / Percussions